FREE
DOWNLOAD

運用管理視点の
DevOpsシステム自動構築ツール

DevOps SYSTEM AUTOMATION

SkyHopperはオープンソースの DevOps採用システム自動構築ツールです。
AWSをはじめとしたクラウド環境のシステム構築から 運用までトータルサポートするツールとなります。
「GitHub」より無料でダウンロードしてご使用いただけます。

FREE
DOWNLOAD

「GitHub」より無料でダウンロードしてご使用いただけます。

SkyHopperはオープンソースのDevOpsの考えに則りシステムの継続的インテグレーション(納期短縮及び品質改善)を可能にするOSSです。
システム構築から運用までトータルサポートできるようになっており、下記DevOpsツールを組み合わせたシステム構成となっております。

  • サービスのダッシュボード

    日々行うサービス運用ではAWSのコンパネだけが必要になるわけではありません。監視やバックアップ、インフラのテスト、脆弱性の対応や管理など必要となる操作をサービスという単位で一か所にあつめました。

  • システム構成のコード化支援と 適用フレームワーク

    システム構築工数の短縮をするためにはコード化が必要となります。 またテスト済みのコードを本番へ適用するフローを作ることで事前の問題点の洗い出しが可能な環境が作成できます。

  • 監視登録の簡単設定

    サービスを保守していくには監視登録は必須です。しかし構築運用を行うメンバーが全員監視システムに詳しいわけではないところが悩みになります。 そこで簡易に登録や変更ができるインタフェースを実装しました。

  • システムの正常チェック機能

    構築したサービス環境が要求仕様通りにできているかどうかを確認することは思った以上に大変です。 また構築後に加えた変更点を追いかけることが困難になります。解決策として気楽にテストを行うフレームワークを統合しました。 そこで簡易に登録や変更ができるインタフェースを実装しました。

  • マルチテナント

    複数のAWSアカウントやSSHの鍵を使い分けることができますので、複数のお客様を登録することや複数のプロジェクトで同時に利用することが可能です。

  • 操作の記録

    ログイン履歴、インフラやミドルウェアの変更操作、テストの成否を含めてDBに保存してあり、いつでも確認ができるようになっています。だれがいつなにを行ったかが記録に残っていることは安心した運用をもたらします。

F A Qよくあるご質問
  • ライセンス編 SkyHopperのライセンス形態について教えてください。 MITライセンスを採用しています。
    いわゆる'AS IS'なライセンスであり、制約もゆるいものになっています。
    参考: https://opensource.org/licenses/mit-license.php
    公開しているプロダクト自体に動作の保証はございませんのでライセンスをよく読まれてご利用ください。
  • SkyHopperを利用して商用のサービスの構築運用を行っても構いませんか? 問題ありません。前述のとおりMITライセンスのもと公開していますので商用の利用につきましても改変してのご利用も自由です。
  • 使用料はいくらでしょうか? SkyHopper自身はライセンス料はいただきません。
    ただしAWSにインスタンスを構築される場合におきましてはAWSの利用に際して課金が発生します。
    (Amazon Web Services社へお支払いください)
  • 商標について SkyHopperのソースコードならびに構築プロダクトはMITライセンスですが、SkyHopperの名称につきましては株式会社スカイアーチが商標登録を行っており所有しております。
    利用につきましてはご留意ください。
    (主に弊社のオープンソース活動を円滑にする目的での所有になります)
  • ロゴについて SkyHopperのロゴ、デザインにつきましてはスカイアーチの著作物でありフリー素材ではございません。ご注意ください。
  • 運用編 SkyHopperで構築するとベンダーロックのようなものは発生しますか? しません。仕様がオープンなCloudFormation、Chef, Zabbix, ServerSpecを利用していますのでその範疇を超えるような仕様に依存するようなことはございません。
    SkyHopperでの運用を行わなくなった場合にはSkyHopper側の登録を消去していただくのみです。
    (必要に応じて各エージェントの消去やSSH鍵の変更を行ってください)
  • 導入編 動作環境について教えてください。 SkyHopper自身はRuby2.2とMySQLで動作するRubyOnRailsのアプリケーションです。
    AWSに構築を行う場合はEC2のt2.small以上のスペックを想定しています。
    なお、EC2やEIPを想定以上に用いることがありますので上限の緩和申請をおすすめします。
  • SkyHopperではインスタンスの数はいくつ必要になりますか? SkyHopper/ChefServer/Zabbixの3台が必要となります。
    SkyHopperはAWSになくとも動作しますが、インストール中にはChefServerとZabbixサーバはAWS上に自動で構築が行われます。
  • インストールがうまくいきません 弊社お問い合わせページより、項目「サービスについてのお問い合わせ」を選択頂き、症状を記載してご相談ください。
    回答の期日や解決までのお約束はできませんが対処方法について検討いたします。
  • SkyHopperの対応OSはなんですか? SkyHopper自身の動作環境は最新版のAmazonLinuxでの検証を主として行っています。
    原則的にはその他のLinux系OSにおいても動作するアプリケーションです。
  • 構築できるシステムについて教えてください CloudFormationで構築できるインフラとChefやZabbixで対応しているOSであれば構築可能です。
  • WindowsServerの対応状況について知りたいです。 CloudFormationで構築するインスタンスのAMIのIDにWindowsを指定してください。
    Chefのクライアントも実行可能ですが現状実績はほとんどございません。
    (運用面での本格的な対応は次期バージョンをお待ち下さい)
  • SkyHopperのバージョンアップの方法はどうすればよいですか? 現状はインストーラ、アップデータのようなものは用意しておりません。
    gitのコマンドでコードのツリーをアップデートして頂くか、コードのzipを上書きして頂く必要があります。
    またデータベースの構造も変化することがありますので、railsのコマンドにてアップデートしてください。
    詳しくは下記のドキュメントのUpdate processの項目を参照ください。
    https://github.com/skyarch-networks/skyhopper/releases
  • 開発編 SkyHopperの開発に参加したいのですが… ありがとうございます。Pull Requestをいただければコードにマージすることを致します。
    本格的に開発に参加いただけるのであれば、ぜひご相談ください。
    開発メンバーとして登録も検討します。
  • ビジネス編 社内で利用するSkyHopperの構築や運用を支援して欲しいのですが… スカイアーチでは導入のご支援を致します。営業担当へご相談ください。
    具体的な費用につきましてはヒアリングの上お見積もりを致します。
    CloudFormationのテンプレートやChefのレシピを書けない、書きたくない、メンテナンスを行う工数が割けないなどのお困りの点におきましてもご相談に乗ります。
  • とにかく一度話が聞きたい。 お気軽に弊社担当営業にお問い合わせください。
  • デモが見たい。 お気軽に弊社担当営業にお問い合わせください。デモは随時実施しております。
  • その他 プロダクトについて意見をしたいのですが? 良い面も悪い面も使ってみた印象や感想は常に募集をしています。
    お気軽に弊社お問い合わせページより、項目「サービスについてのお問い合わせ」を選択頂き、お送りください。 改良や改善の活動に活かしていきます。
UPDATE INFO更新情報
  • 2016.06.15 Create and Bootstrap Windows Instances using SkyHopper on AWS Cloud
    http://www.skyarch.net/blog/?p=6805
  • 2016.03.08 プロジェクトグローバルなパラメタを扱うことが可能になりました。
    バックアップを目的としたスナップショットの世代管理を設定できるようになりました。
    セキュリティグループの一覧を出力できるようになりました。

    バグフィックス:随時対応しております。

    詳しくは下記のURLを参照ください https://github.com/skyarch-networks/skyhopper/releases

CONTACT